不倫の恋はいつも寂しい

不倫 寂しい

スポンサードリンク

不倫の恋がこんなに寂しいなんて

不倫の恋は寂しいものです。

彼がそばにいない時。

彼と一緒いる時にも寂しさはついてまわります。

こんなに近くにいるのに、見えない溝がいつも存在しているのです。

会えないから寂しい

会えないから寂しい。

不倫の恋は、彼と会えない時間とのたたかいです。

会えないのが前提で、会える時間を無理矢理つくっている恋だからです。

彼と会えない時間を埋めるのは、大変です。

なにをしていても浮かんでくるのは彼の顔ばかり。

人間は禁止されると、その禁止されているものにこだわってしまう生き物です。

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」も敵対する両家が二人の恋を禁止するから
二人はあんなに燃え上がったのです。

不倫の恋は、まさに人に言えない禁止された恋。

だから、不倫の会えない恋にもかかわらず寂しさに苦しむ二人が多いのでしょう。

セックスばかりじゃ寂しい

不倫の恋は、会う時間が少ないことや、夜に会うことが多いこともあり、ディナーを食べて、ラブホテルへ直行というのがお決まりのコースということが多いのではないでしょうか。

大好きな彼とのセックスはうれしいけれど、気づくといつもそればかり。

なんだか、自分はそれだけの為の女みたい。

不倫だけど、そう強く感じてしまうような状況がついて回り寂しい気持ちもぬぐえません。

もっと、他のデートもしてみたい。

二人で、どこかに遊びにいったりしてみたい。

思い切って彼に伝えてみても、

「愛する君の熱を感じたい。君を抱きたい。君とひとつになりたいんだ。」

とあくまでもセックスにこだわる彼。

キレイなこと言ってるけど、本当は、したいだけなんでしょ!

彼の心の声が聞こえてくるようです。

そんな彼との溝に寂しいと感じてしまいます。

スポンサードリンク

一緒にいても寂しい

待ちに待っていた彼との2人きりの時間。

でも、どうしても消すことのできない妻の影。

彼の持ち物、彼の匂い、彼の行動に妻を垣間見てしまうのです。

彼との恋愛は二人きり。

そう思いたいのに、妻の影は消えてくれません。

不倫の恋は寂しさを抱えながら、しなければなりません。

彼にどれだけ激しく愛されても、

彼は奥さんにもこれだけの情熱をもって愛するのかな、やっぱり奥さんのことも愛しているのかな。

頭のどこかでそんなことを考えてしまいます。

彼を責めてもだめ。

いつもの言葉がでてくるだけだから。

「愛しているのは君だけだ。」

本当に、そうなの。嘘をついているの?私は、あなたの一番になりたい。

あなたのことを一番愛しているから。


不倫の恋は、会えないから寂しいだけではなく、いろんな要因があって寂しい恋なのです。

寂しい気持ちを常に抱えていかなければいけない恋。それが不倫です。

彼に、あなたのその気持ちを理解することは期待できないでしょう。

それでも、あなたはいいのですか。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です