リアルな社内不倫の世界

社内不倫

スポンサードリンク

社内不倫ならではの現状ってどんなもの?

あなたは社内不倫に対してどんなイメージがありますか?

毎日一緒にいられて楽しそう!

彼と同じ時間を過ごせて幸せ!

ハッピーなイメージが多い半面、裏側には結構シビアな現実もあるんです。

そんな裏側に迫ってみます。

社内不倫の特権!

同じ職場ならではのメリットから見ていきましょう。

そもそも社内で恋愛感情が生まれる場面はたくさんあります。

厳しいノルマの中共通の大変な思いから恋が始まったり、プロジェクトの達成感から解放された打ち上げで、気づくといつも隣にいた彼を意識し始めたり。

失敗をして落ち込んでる時に優しくされたら…もう!大変!!

毎日努力をしたり悩んで頭を抱える、そんな母性本能をくすぐられる姿を見られるのも社内不倫の特権!

奥さんだって見られないあなただけの彼です。

そんな彼を知っているからこそ、本音を吐き出させて心から癒せるのは社内不倫の特権ですね。

証拠隠滅は徹底的に

どんな不倫もバレないように色々と工夫をするものですが、社内不倫の場合はさらにバレない努力が必要になります。

周りには常に人がいるし、噂話が大好物のお局さまが目を光らせています。

ちょっとした会話の空気の変化もキャッチされてしまう怖さがあります。

だからこそ、

会社では必要最低限のことしか話さない。

プライベートな話はしない。

二人っきりの隙を狙ってキスしたりしない

家に帰ってからは連絡はとらない。

社内メールは間違っても使わない。

などはもちろん、付き合い始める前と後での変化を周囲に感じさせない努力が必要になるわけです。

これが結構くせものです。

簡単そうで難しい。

つい視線が彼を追ってしまう。

彼がこっちを見ている。そんなに見てたらばれちゃうよ!ドキドキ。

声のトーンがうわずってる??

妙に敬語になっちゃってるし。

なんでもいいから、私と彼だけがわかる合図を送りたい!

まずい!顔が赤くなっちゃった!!

新入社員の若い女の子と何話してるんの?割って入りたいけど我慢我慢!

常に気を張っていないといつボロが出てしまうかわかりません。

このように気苦労が多いのも社内不倫ならではの恋の醍醐味!

そこまでしなくても…と思うかもしれませんが、社内不倫は周りにバレたら一貫の終わり。

いざバレてしまったら、ただじゃ済まされないのが社会の厳しさ。

どちらかが解雇されたり、昇格が無くなったり、違う部署に飛ばされたり。

残った側も後々白い目で見られながら仕事をするのかと思うと、いっそのこと飛ばして欲しいとさえ思ってしまうくらい、甘い職場がいばらの職場に大変身してしまいますよ。

別れてしまったら…。

もしも不倫関係にピリオドが打たれたらどうでしょう?

お互いが納得した上でスッキリと別れるなら話は別ですが、実際のところ気持ちはそんなに簡単に割り切れるものではありません。

どちらかが未練を持ったまま別れてしまうと待っているのは地獄の日々。

だって1日の大半は彼がいる職場にいるのですから…。

彼が気になって切なくて仕事なんて手につきません。

失敗の連続で上司に怒られる日々。

そんな情けない姿を彼に見せたくもないのに・・・。

でも!実は復縁率が高いのも社内不倫の特徴。

一度惹かれ合った二人が、毎日同じ空間にいて苦楽を共にすれば愛が復活する日も近い…かも??

スポンサードリンク

奥さんと顔を会わせることも?!

これも同僚ならではの辛いところです。

会社によっては家族同伴で社員旅行だったりバーベキューなんて企画があったりします。

本来はあまり会いたくはない彼の奥さん。

仲良さそうな彼と奥さんの会話を聞いてしまったら…嫉妬心を顔に出るのを抑えらますか?

彼の家庭での姿を垣間見ることによって、あなたの中で2つの道が出てきます。

ひとつは奥さんにライバル心を燃やして、奥さんの領域を犯そうとする。

ふたつめは、彼の本来いるべき場所に返してあげなきゃいけないという感情が生まれる。

できれば、ひとつめは破滅へとつながる道なので、行って欲しくはありません。

優しい感情で彼を家族の元へ返してあげられたら、こんなに素敵な去り際ってないですよね!


社内不倫ならではの楽しさや悲しさおわかりいただけましたか?

良い面も大変な面もいろいろあるのが社内不倫。

どんな困難も、大好きな彼と二人きりでたくさんコミュニケーションをとることで解消できてしまいます。

絶対にばれない二人だけの秘密の合図を使ったりして、楽しみのエッセンスもちょこっと加えてみてもいいですね♪


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です