不倫の誘惑を断ちきれない事情

誘惑

スポンサードリンク

誘惑されて受け入れてしまう事情とは

もしすぐそこに不倫の誘惑が待っていたら…断ちきれない事情とはどんな状況でしょうか。

不倫をしてしまうかどうかは関係が始まる前から実は始まっているのです。

相手の魅力に怠慢

今も変わらず旦那さんに魅力を感じていますか?

お休みの日、旦那さんの服装はどうですか?

実は一緒に並んで歩くのが嫌だなと感じていたりしませんか?

歳を重ねると身なりを気にしなくなる人がいますね。

特に既婚の男性は『家庭』を持ち安心しきっているのでしょう。

モテる必要がなくなったわけです。

そんな時にタイプのイケメンがあなたを誘ってきたら…?!

セックスは別物

旦那さんと結婚、決め手は何でしたか?

『優しかったから』

『頼もしかった』

『高収入だったから』

『仕事が安定してたから』

『顔がタイプだったから』

と様々でしょう。

では『体の相性』はどの程度重視しましたか?

結婚するまで一度も関係を持たなかったから分からないという方は…このご時世ごくごく少数派なはず。

結婚したら、どうせ夫婦生活も枯れてしまうのだから、だったら体の相性より、その他の相性の方が重要!なんて思って、体の相性については目をつぶりませんでしたか?

実際結婚して生活をしてみたら、夫婦生活の回数は激減。

体の相性がイマイチだとしても、結婚して早い時期から夫婦生活がなくなってしうのは、女性としては地獄です。

そこに、家事、子育てと追い討ちをかけられ、自分が女性でなくなっていくのを感じてきた頃・・・。

そんな時に同窓会で体の相性がよかった元カレに再会したら、彼の身体を狙う肉食女子に変身してしまうのもしかたありません!

刺激が欲しい

結婚して、子供もいて、収入だって安定している…端から見たら何不自由ない生活。

でも蓋を開けてみたら旦那さんとは『会話がない』『誉め合うこともなくなった』『思いやる気持ちも感じられない』と問題だらけ。

改善するには地道な努力の積み重ねが必要です。

これができる夫婦は少なく、外に逃げて他の男性や女性に目がいってしまうのですね。

この状況を打破したいなら、記念日でもないのにサプライズでプレゼント作戦や子供を預けて二人だけで美味しいものを食べに行き、いつもはできない深い話をするなど、非日常を夫婦で共有することをお勧めします。

スポンサードリンク

真逆が気になる

旦那さんの優しいところや引っ張って行ってくれる頼りがいのあるところが好きなのは変わらないのですが・・・。

旦那さんとは真逆なタイプになぜか惹かれてしまうことはよくあることです。

旦那さんと同じタイプだったら、旦那さんが1番なので他の男性が入る隙はないのですが、違うタイプであれば隙だらけということですね。

和食では不動の1番で、他には食べには行かないけれど、洋食も食べたい。

そんな感じでしょうか。


異性からの誘惑に逆らえないからといって家庭を捨てたいわけではないでしょう。

問題はその先です。

そのまま誘惑に乗り続けてしまうのか、誘惑にのった経験から上手に家庭に戻るのかであなたの不倫ライフが決まってくることでしょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です