離婚後の慰謝料請求

離婚後

スポンサードリンク

離婚後でも慰謝料請求出来るって知ってますか?

離婚後に不倫発覚!

これが原因で離婚になったのか…と思うといてもたってもいられないものです。

請求する側になるのか、それともされる側?!

いずれにしても離婚してしまえば、はい!終わり!というわけではありません。

覚えておくと良いでしょう。

証拠を探そう!

離婚後ということで証拠を見つけるのはなかなか至難の技になるかもしれません。

しかし慰謝料請求するには証拠は不可欠。

『今』の旦那さんを尾行して相手を突き止めたとしてもあなたと離婚前から関係があったと証明する必要があります。

そんな時に役に立つのがSNS。

相手の女性が何か投稿しているかもしれません。

さかのぼってチェックしてみると良いでしょう。

もし証拠を見つけられなかったとしても、本人が不倫を認めれば請求出来ます。

離婚をし、落ち着いた頃に『あの時もしかして不倫してた?』とさらりと聞いてみたらポロっと口を滑らすかもしれませんよ。

もちろんその時はしっかりと録音しておきましょうね。

証明があれば請求出来る?

証拠を手に入れられたら、慰謝料を請求できる可能性が高くなります。

離婚の直接的な原因が不倫と分かるからです。

しかしすでに離婚をしている、縁が切れている状態に変わりはないので、十分な証拠と上手い立ち回りをしないと請求できる金額が変わってきてしまうので、弁護士などに相談するといいですね。

浮気相手に制裁を

元夫にも非はありますが、浮気相手も半分責任があります。

不倫がなければ離婚に至らなかったのかも…と思うと浮気相手にも腹が立つはずです。

『元夫が既婚者だと知っていて不貞行為があった』と立証出来れば請求可能になります。

スポンサードリンク

請求が出来ない&時効

離婚をする時に『協議書』や『交正証書』は交わしましたか?

慰謝料については取り決めをしましたか?

基本的にそこで『慰謝料は請求しない』と決めていたら、請求はできません。

しかし強制的に取り決めさせられた場合や、その時点で不倫を知らなかった場合は例外になることも。

これも弁護士に相談するのが一番でしょう。

また、時効がある事は知っていますか?

離婚成立から3年です。

これ以上経つと無効になります。

その3年以内であっても月日が経つごとに請求出来る金額が減る場合もありますので、もし証拠を見つけたなら、早めに相談しに行きましょう。


とにかく証拠が重要だということです。

これがなければ始まりません。

離婚後は刻一刻と証拠を集めるのは難しくなっていきます。

離婚を焦って迫ってきたら、不倫が原因かも?と疑ってかかりましょう。

簡単に離婚に同意せず、証拠を集める時間を作ることが大切です。

離婚が成立し、気が緩んでいる時がチャンスですよ!


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です