離婚後の養育費、基本ポイント!

離婚 養育費

スポンサードリンク

離婚後の養育費

離婚後の養育費は、離婚の原因が不倫でも性格の不一致でも取り決めは変わりありません。

不倫ならさらに慰謝料が発生しますが…。

ここでは養育費の基本的なことをお伝えします。

相場はどのくらい?

養育費は親権を持った方に毎月支払うものです。

養育費で食費、衣服代、雑費、学費などをまかなう為です。

基本的には不倫が離婚の原因だったとしても親権は母親になる事が多いので、元旦那さんの収入から養育費を算定をします。

だいたい相場としては子供一人に対して3万円~5万円ほどのようです。

しかしいくらでなければいけないという決まりはないので、最終的には夫婦間で話し合い決めることになります。

証書を作りましょう

離婚をする時に『離婚協議書』か『公正証書』を作りましょう。

慰謝料や養育費、親権や子供との面会について取り決めした内容を書面にしたものです。

離婚協議書は自分達で作れるので、特別な料金はかかりませんが、効力としては弱いです。

その点、公正証書は裁判などになった時証拠として扱ってもらえます。

もし約束が履行されない可能性がありそうなら、少々お金がかかっても公正証書にしておくことをオススメします。

毎月いくらと決めたのに、なんだかんだ払わなくなった時は公正証書を武器に裁判となります。

再婚したら

もしあなたが再婚したら、養育費はどうなると思いますか?

子供には新しい父親ができるので、ここで養育費は打ち切りでしょうか?

実は、再婚しても養育費は基本的には元旦那さんから払ってもらいます。

このことは意外と知られていないかもしれませんね!

これは離婚をしても、元奥さんが再婚しても、我が子に変わりはないという考え方からだそうです。

減額したい (調停申し立て)

とはいえ、減額が認められることもあります。

例えば元旦那さんが再婚したとして、新しい奥さんとの間に子供が産まれた場合や、思わぬ失業・お給料が減ったなど、養育費を支払うのが難しくなった場合。

この場合、調停の申し立てをして、養育費の減額を裁判所に決めてもらいます。

スポンサードリンク

子供の面会と養育費の関係

では養育費をもらっている限り、子供と面会させないといけないの?という疑問が出てくると思いますが、そちらはどうでしょうか?

答えは必ずしもそうとは限りません。

子供が拒否をすれば無理に会わせなくても良いですし、あくまで子供が主体となるので、子供がもっと会いたい・時間を長くしたいと言えば柔軟に考える必要があります。


いかがでしたでしょうか。

意外な結果もあったのではないでしょうか。

とにかく一番大切なことは養育費を毎月きちんと支払ってもらうことです。

もしもあなたの不倫で多額の慰謝料を払うようであれば、元旦那さんからの養育費だけでは到底厳しくなるので、一刻も早く仕事を探すようにしましょうね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です