離婚相談を弁護士にするメリット

離婚相談

スポンサードリンク

離婚相談って弁護士さんが必要なの?

離婚相談と言えば弁護士さんを思い浮かべる人が大半でしょうか。

弁護士に頼むって、けっこういい費用がかかるんだろうな…と尻込みしてしまいますよね。

そんな気持ちも分かりますが、弁護士さんがいてくれることで、離婚がスムーズに成立したりするものです。

弁護士さんが果たす、重要な役割をについてお伝えします。

離婚調停で有利になる

離婚をするにあたり、旦那さんがなかなか離婚をしてくれなかったり、離婚を受け入れてくれても親権や慰謝料に双方が納得できなかった場合、調停となります。

調停になると、間に調停委員が入るのですが、調停委員をこのいかに味方につけられるかが重要になってきます。

あなたの言い分を正しく伝えなければいけませんし、共感してもらわなければいけません。

弁護士さんに頼まず、自分で話をしていると何が言いたいか・どうして欲しいかがうまく伝わらないことがあります。

その点弁護士さんがいればその場でフォローしてもらえて心強いのです。

素人ならではの失敗をしない

調停では聞きなれない難しい言葉がたくさん出てきます。

意味が分からないのに同意をしてしまったりするとその条件は覆す事が出来なくなります。

弁護士さんは経験も豊富で、分からないことは親切に教えてくれます。

今後の人生を左右する大事な場面なので、間違った判断は厳禁です!

気が弱く、よく押しきられてしまう人には弁護士さんは必須です!

精神的苦痛を和らげ、時間を有効に

自分一人でなんとかしようとするのと、弁護士さんを頼むのではかなりかかる時間が変わります。

離婚の話し合いなんで長引かせたくないですよね。

長引けばそれだけ精神的に辛いものです。

それで体調を崩す人もいます。

お互い譲らず話し合いが進まないより、弁護士さんがより自分に有利となる妥協点を見つけてくれた方が賢い別れ方と言えるでしょう。

相手に対して意思表示

もしあなたが一人で離婚調停に臨んだ場合、旦那さんがよりを戻そうと言ってくるかもしれません。

情に訴える作戦ですね。

あなたが『絶対離婚する』という意思があるなら、弁護士さんを立てることによって、戻る気はないよ!というアピールにもなりますよ

スポンサードリンク

離婚裁判への切り口

離婚調停でも折り合いがつかなかったら次は裁判になります。

裁判になった時にも頼りになるのが弁護士さん。

調停中からお世話になっていれば、信頼も生まれているでしょうし、事情を一から説明する手間も省けます。

裁判に勝つためにはどのくらい弁護士さんと状況の共有が出来ているかが鍵になってきます。


このように弁護士さんを付けるか付けないかで、離婚調停の期間や精神的ダメージをどれだけ減らすことができるかが変わってきます。

それだけでなく、もしあなたの不倫で離婚になった場合も慰謝料の減額や親権などを勝ち取れるかは、弁護士さんの腕にかかってくると言っても過言ではありませんよ!


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です