離婚の話し合いを有利に進めるには

離婚 話し合い

スポンサードリンク

離婚の話し合いで3つのキーポイント

旦那さんの不倫が原因で離婚を決めたのなら、話し合いは有利に進めたいと思いますよね。

そんな時、こんな3つのことをすれば何倍も心強くなりますよ。

不倫の証拠

不倫の証拠はしっかり準備していますか?

不倫の決定的な証拠があるのかないのかでは大違いです。

『あなたが不倫をしている事実は知っている』『それが原因で離婚をしたい』ことをはっきり伝える必要がありますよね。

その為には言い逃れ出来ないような証拠を掴むことが優先です。

不倫相手と交わしたメールや女性にプレゼントしたであろう物のレシート、ラブホテルを利用した領収書ですら言い逃れされてしまう弱い証拠です。

メールは冗談だったとか、レシートも頼まれて買っただけとか、ラブホテルだって拾った物だ!自分は利用していないと言い切られてしまってはこちらの負けです。

客観的に見ても限りなくクロなのですが…。

言い逃れが出来ないような強い証拠は、ラブホテルに出入りしている写真や動画、不倫相手がもし来た時に備え自宅に盗聴器を仕掛けるのもアリです。

第3者の同席

二人だけの話し合いでは、口のたつ旦那さんだった場合言いくるめられてしまう可能性があります。

それを防ぐためには第3者を同席させることをオススメします。

第3者と言っても、親や友人などはオススメ出来ません。

私情が出てくると感情的になり、話し合いがスムーズにいきません。

理想は弁護士に同席をお願いすると良いでしょう。

公平な立場で正しい対処をしてくれますし、離婚に向けて本気なんだと旦那さんへのプレッシャーにも役立ちます。

離婚協議書の作成

話し合いと同時に離婚協議書を作成すると良いです。

離婚に対して旦那さんからも合意が得られれば、具体的な話になっていきます。

親権や面会の有無、養育費は子供が何歳になるまで毎月いくら支払ってもらうなど決め事がいろいろあります。

例えばこの養育費を口約束のみで行ってしまうと、支払いが滞った時に法的な手段をとることができません。

離婚協議書として公正証書にしておき、なおかつ強制執行認諾約款付きのものしておけば安心です。

この離婚協議書は弁護士が作成できますので、話し合いに同席してもらえれば一石二鳥ですね。

スポンサードリンク


この3つを行えば話し合いを円滑に、有利に進めることが出来るでしょう。

弁護士費用はかかってしまいますが、慰謝料に上乗せ出来れば問題ありません。

不満がある条件で離婚になるよりは良いですし、弁護士の方に費用を旦那さんに支払わせたいことを伝えておくと上手に取り計らってもらえるかもしれません。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です