離婚後の生活費について

不倫 忘れたい

スポンサードリンク

離婚後の生活費はどう確保する?

離婚後の生活費ってあまり想像ができないかもしれませんが、とても重要ですよね。

不倫夫と別れシングルマザーで頑張るあなたにぜひ読んでもらいたいです。

シュミレーションをしてみる

離婚をする前に大切なことがあります。

シングルマザーになった時に生活費はいくらかかるかを算出します。

家賃・光熱費・食費・雑費・交通費・携帯電話代・保険・医療費・保育料や学費など一般的なところでしょうか。

児童手当や片親で子育てをするに当たり児童扶養手当が支給されますので、単純に差し引いた分があなたが稼がなければいけない金額となります。

欲を言えば児童手当には手をつけず、将来の学費などに貯めておきたい気もしますがなかなか現実には難しいですよね。

扶養的財産分与の請求

しかし中にはどうしても十分な生活費を得ることができない人もいます。

別れた旦那に生活費を請求するなんて不可能と思われがちですが、『扶養的財産分与の請求』という制度を使えば可能性はゼロではありません。

特に元旦那の不倫が原因で離婚をし、苦しい生活状況と知れば生活費の援助をしてくれるかもしれませんね。

どんな場合が適応されるか

扶養的財産分与の請求はどんな人でも請求できるわけではありません。

例えば病気や乳児幼児の育児などで定職につける見込みがない場合や、頼る身内もいないため充分な生活がおくれないなどある条件があります。

このご時世ですから、頼る身内がいなくて、保育園など預ける場所も見つからないのでは働きたくても働けません。

なかなか余裕はないのが現実

そんな制度があるものの、元旦那の生活に余裕がなければ支援はしてもらえず、期待し過ぎは厳禁です。

養育費を支払ってもらう約束をしていたとしても、現実に毎月滞りなく支払ってくれる男性は少ないと言います。

最初に毎月4万円の養育費と決めたとしても、状況に応じて減額されることもあります。

生活保護にはデメリットもある

では生活保護を受けるのはどうなのでしょう。

生活保護とはまさしく幼い子供を抱え仕事が出来ない状況のシングルマザーには助けとなる制度です。

しかしその反面生活保護とは生活するのに最低限の支給となり、貯金をすることも出来ませんし贅沢も出来ません。

車を所有することや住む場所が限られたりと肩身の狭い思いをする場面も出てくるでしょう。

スポンサードリンク


最後は大変そう…というイメージでしたが、確かにシングルマザーで生活費を稼ぎ生活していくことは容易いことではありません。

ですから離婚前にしっかりシュミレーションをしてある程度の覚悟とビジョンが必要なのですね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です