不倫が発覚!それでも家庭内別居を選び離婚しない夫婦たち

家庭内別居 離婚

スポンサードリンク

家庭内別居と離婚、夫婦の選択肢はどちら?

不倫の発覚をきっかけに、離婚ではなく『家庭内別居』という夫婦の形を選択する夫婦は少なくありません。

家庭内別居になってしまうくらい相手に嫌悪感を抱きながらも離婚はしない。

そこにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

やり直せると思っていた

なぜ離婚はせずに家庭内別居を選んだのでしょう。

理由は様々あるでしょうが、不倫に気づいた直後はパニックで『離婚』まで頭が回らなかったのかもしれません。

元々夫婦関係になんの心配も持っていなかったとしたら、この不倫はちょっとの気の迷い!少し頭を冷やしたらやり直せると思っていたのかもしれません。

それがだんだん会話も減り、過ごす部屋も分かれ、家庭内別居に発展してしまった夫婦もいることでしょう。

金銭面を考えると楽

離婚をして独立するとなると金銭面で不安を抱える女性はたくさんいます。

不倫をしたのが旦那で、子供が幼ければなおさら、望めば親権は女性がもつことができます。

親権を手に入れ、子供を手放さないですむと安心しているのもつかの間。

その先はシングルマザーとして一人で育てていかなければいけません。

当然養育費をもらったとしても、子供の分だけで不十分。

女性が一人で働きつつ子育てをするのは並大抵のことではないのです。

それなら家庭内別居でも生計を一緒に立てた方が楽と思うは納得です。

世間体をつくろえる

社会的地位がある男性なら、離婚は避けたいと考えるのではないでしょうか。

ましてやその理由が自分の不倫だなんて知られたくないでしょうし、昇格の話は無くなるかもしれません。

女性側も『旦那に不倫をされて離婚』なんてプライドが傷つきますよね。

子供のため

一番は子供のためです。

子供に片親という寂しい思いはさせたくない、入学式は両親揃って出席してあげたいと、子供が成人するまではと離婚を踏みとどまるケースです

しかし子供にとってはありがた迷惑になる場合も。

同じ屋根の下に暮らしていても、全く会話もなく殺伐とした空気を子供はどう感じるのでしょう。

子供なりに気を遣い、本音が言えなくなってしまうこともあります。

家庭内別居は最善策なのか

最後に夫婦それぞれの気持ちを考えてみましょう。

最初はお互いルールを決めて上手に生活しているようでも、ストレスは溜まります。

同じ家に住んでいる以上言葉を交わさなければいけない場面も出てきます。

特に不倫をしてこんな状況を作ってしまった側は、常に責められている環境にはいたたまれない気持ちになり、日々苦しむわけです。

その結果、離婚もしないし、自分に関心もないのに針のむしろ状態ならば!と開き直って、堂々と不倫をするようになることも。

果たしてそれは最善の策なのでしょうか。

スポンサードリンク


このように家庭内別居はメリットもデメリットも多く存在するのですが、あまりにも長い期間続くのは精神的に良いこととは思えません。

離婚を選ぶ気が全くないのなら、少しずつ歩みより関係修復をするほうが良いでしょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です