同棲での生活費、内訳はどうなる?

同棲 生活費 内訳

スポンサードリンク

同棲でかかる生活費、内訳と現状

不倫相手と同棲となると発生するのは生活費。

その内訳を皆さんどうしているのでしょう。

男性が既婚・女性が既婚・W不倫と様々なパターンがありますが、一番確保が難しい女性が既婚という場合で考えてみましょう。

既婚女性は無一文?!

専業主婦が家を飛び出し、不倫相手と同棲を始めたら旦那さんは給料を渡すと思いますか?

普通に考えたら答えはノーです。

今まで奥さんが給料を管理していたとしても、他の男性と暮らすのに奥さんにお金を預けるのなんて考えづらいですよね。

まだ婚姻関係にあるから、と生活費として渡してくれるのも考えづらいので、『他の男性と暮らすなら勝手にしろ』と一銭ももらえないと思った方が間違いないでしょう。

貯金を切り崩すか働くか

旦那さんの収入をあてにできないからと言って、無断で夫婦の貯金に手をつけたのが旦那さんにバレたら凍結させられる可能性もあります。

独身時代のあなた名義の貯金だって離婚になった場合を考えると残しておきたいところです。

ということは、貯金を当てにするのは最終手段ということになりそうです。

そうなると働いて収入を得るしかありません。

専業主婦だったし、特に資格もないし…と尻込みしてしまうかもしれませんが、選ばなければ仕事はあります。

今やその気にさえなればスマホ1つでも仕事はできますからね。

未婚側が必然的に多く…

つまり未婚である男性が多く生活費を払うことになります。彼女の仕事が軌道に乗るまでは全額負担も十分にあり得る話です。その事を頭に入れた上で同棲は考えなければいけないということですね。

最初に取り決めが大事

同棲を始める際に家賃は誰・光熱費は誰・食費は折半など、取り決めすることを強くオススメします。なんとなく『とりあえず今は自分が払うよ』と決めずにいるといつか『何でこっちばかり払わなければいけないのだろう』と不満が溜まってしまうからです。お金の問題はデリケートなので、不満が続くと気持ちにも影響が…。彼と長く一緒にいたいと思うのであれば金銭面は明確にしておきましょう。

金銭面以外で支えること

生活費を払う事ができなくてもちょっとした心がけで彼との関係を良好に過ごすことができます。彼が喜びそうなことを率先してやりましょう。部屋をきれいに保ったり、彼の好きなご飯を作ったり、感謝の言葉やマッサージをしてあげるのも良いですね。その小さな気遣いがあるかないかで『払ってあげている』という気持ちがなくなるはずです。

スポンサードリンク


旦那さんではなく、彼を選び同棲を始めるなら離婚も視野に入れた覚悟が必要です。

できれば彼とはお金のことで揉めたりせず、仲良く生活したいですよね。

その為にはとにかくきちんと話をすることと、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です