性の不一致から離婚する人達

性の不一致 離婚

スポンサードリンク

性の不一致と不倫は離婚の原因に!

性の不一致が原因で離婚に至る夫婦もいます。

性の不一致を感じるのは結婚してから徐々にという場合が多く、不倫をしていれば離婚に至る確率も上がることでしょう。

性の不一致とは

そもそも性の不一致とはなんでしょう。

性に対する興味の多少もあるでしょう。

特別な性癖があってどうしても受け入れられない、またはそもそもカミングアウトできず我慢しているのということもあるでしょう。

大きな不満はないのだけれど、満足できず、いつもつい気持ちいいような演技をしてしまっている。

行為にかける時間や、時間帯が合わない。

形状が合わなくて、痛みや苦痛を伴う。

などなど、ちょっとした不満から『性の不一致』と感じてしまうようになっていきます。

中でも身体の相性はとても大切で、一方しか気持ちよくなければ、億劫になって夫婦生活自体から遠ざかってしまうのは当たり前です。

元々相性が悪くなかったとしても、気持ちが伴わなければだんだん気持ち良くなくなってしまうこともあります。

セックスレスからの不倫は危険

すでに性の不一致などからセックスレスになっていた人が、不倫を始めてしまうと離婚に至る危険は十分にあります。

結婚してしまうと、セックスは愛情表現から子供を作るためのものへと目的を変わってきてしまいがちです。

そうなると、子供はまだいらないからとセックス自体から遠ざかったりしてしまう夫婦もいます。

しかし、セックスは夫婦間の愛情を確かめる重要な夫婦の行為の1つです。

夫婦になると、感謝の気持ちや愛しているなど感情を言葉で表現することが少なくなっていくのに、愛情表現であるセックスまで無くなってしまっては、夫婦という関係に虚しさを感じてしまってもおかしくありませんよね。

そこに、不倫相手とセックスをすることで、夫婦でいる意味、女でいる意味を改めて考え、違う人生を歩みたくなるのはしかたがないのかもしれません。

不倫後セックスレスも危険

不倫をしたから旦那さんや奥さんとセックスレスになった場合も要注意です。

比較する対象が出来れば優劣をつけたくなるのが人間です。

不倫相手とパートナーを比較して、夫婦のセックスがおろそかになることも。

性欲が強い人は離婚を繰り返す?

性欲が強く旦那さんと性の不一致があるのであれば、不倫相手に気が向いてしまうのも仕方がないことかもしれません。

例えばセックスで愛情を確かめたいという人が、旦那さんとセックスレスになってしまったら、『もう愛されていないのかも』と思ってしまいます。

それなら愛してくれる不倫相手と…と離婚したとします。

しかしその関係もいつまでも続くとは言い切れず、同じ状況になったらまた離婚の選択肢があるかもしません。

それだけで決めるのは浅はか?

確かに性の不一致は大きな問題ですが、それだけが理由で不倫相手を選ぶというのは浅はかな考えなのでしょうか。

中には、

そこそこで満足をするべきだ!

全てが思い通りになるわけじゃない!

夫婦は体だけじゃない、精神的に結ばれていれば十分だ!

と言う人がいます。

しかし、性欲というのは人間の3大欲求のひとつです。

その欲求をこの先ずっと我慢していけますか?

この我慢の結果が家庭の外へ向かって、結局不倫!なんてことにはなりませんか?

ただでさえ、生きていくことは我慢がいっぱいなのに、性欲までも我慢しなくちゃいけないのでしょうか?

とは言っても、旦那さんの人間性や子供がいるのであれば子供のことも視野に入れて離婚は検討するようにしましょう。

スポンサードリンク


セックスレスになっても仲良く夫婦を続けている人達っていますよね。

つまりセックスがなくても良いという合意があれば夫婦はやっていけます。

また、バレなきゃ良いと言ってしまうと問題ですが、性的欲求は家庭ではなく不倫相手に求め、ある意味役割分担をすると家庭も壊さず自分にも嘘をつかず生きれますよね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です