好きなのに不倫に疲れたから別れたいとあなたが思ってしまうのはなぜ?

不倫 疲れた

スポンサードリンク

不倫に疲れた…そう思う3つの理由

この不倫に疲れたから、いっそのこともう別れよう。

不倫経験者なら一度は考えたことがあるであろう、不倫相手との別れ。

好きなのに別れたくなる、不倫疲れの理由についてお伝えします。

不安感

不倫の関係において何より強いのは、やはり不安感でしょう。

自由に彼と連絡を取ることができない場合が多いため、

「今あの人は何をしているのだろう」

「家族と楽しんでいるのではないだろうか」

「本当に私が好きなの?体だけじゃないの?」

と勝手に想像し、同時に不安感が募っていきます。

考えたくはない、でもついつい考えてしまうのは会えない不倫彼とのこと。

相手の気持ちを確かめようにもあまりに制限の多い恋愛のため、イライラすることも。

また二人の未来が約束されていないという曖昧な状態も、あなたが不安で疲れてしまう理由の一つでしょう。

独占欲

もともと家庭があり、人のものである相手と付き合うわけですから、相当なストレスになります。

それは通常の独身同士の恋愛にはない、本来なら感じなくてもいいストレスと言えるでしょう。

よほど物わかりのいい人間でない限り、自分の独占欲を押し殺しておくのは不可能です。

好きな相手だからこそ、他の人間、ましてや奥さんとは同じベッドで寝て欲しくないはずです。

言いたいけど言えない…もしも言ってしまえば、関係が破たんしてしまいます。

ひたすら我慢するしかないわけです。

そんな葛藤に心が疲れてしまうのです。

後ろめたさ

胸を張って「私、不倫してます!」とまわりに言える人は少ないのではないでしょうか。

バレれば罰せられないまでも、法律には反しますし、相談を気軽にできる人もそうそういないでしょう。

あなた自身の本心も、相手の家庭を壊してしまっている、と感じています。

そして二人で出かけても、もし知り合いに見られたらどうしよう…と落ち着かず、彼にも集中できず常に恐怖を感じていると、精神的にまいってしまいます。

また何をするにも忍んでやらなければならず、一緒にいられて楽しいはずなのに心から楽しめません。

知らぬ間にこれらがストレスとなって積み重なり、疲れのもとになってしまっているのです。

スポンサードリンク


不倫は精神的にも、場合によっては肉体的にも疲れるものです。

パートナーのことをどんなに好きでも、疲れてしまうのは仕方がないことです。

ただ疲れの原因がわかれば、ほんの少しは気が楽になるのではないでしょうか?

無理をせず、今の自分の気持ちを大切にしていきましょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です