離婚の危機を寄せ付けない、仲良し夫婦の3つの法則

離婚の危機

スポンサードリンク

離婚の危機が訪れない、ずっと円満な夫婦でいるために

夫婦の離婚の危機。

価値観の違いやセックスレス、理由は様々あると思います。

最近では離婚することにあまり抵抗がないという方も増えてきましたが、やはり戸籍に傷がつくというのは避けたいですよね。

離婚せず、ずっと仲のいい夫婦でいるための3つの方法をご紹介いたします。

二人で旅行や食事に行く

付き合い始めのような、新鮮な気持ちをいつまでも持てたなら、決して離婚することはないでしょう。

朝起きた時から始まり、夜寝るときまで何もかも一緒の二人は、だんだん親や兄弟と同じような存在になり、しだいに恋愛感情は失われていきます。

子供ができたりして毎日せわしなく働いていればなおのことでしょう。

ですが1か月に1回でもいいので、二人でディナーにでかけたり、映画に出掛けたりと、独身の頃のようなデートをしてみましょう。

外で待ち合わせをするのもいいですね。

それだけで、日々の生活の中にはないドキドキする緊張感や刺激が生まれ、初々しい気持ちを取り戻すことができます。

“離婚”という言葉を絶対に口にしない

言霊という言葉がある通り、安易に離婚の言葉を口にするのは危険です。

もう何度か口にしたことがある方は、今後は二度と口にしないことをおすすめします。

喧嘩の際に何かと「もう離婚する!」と脅しのように使ってしまう方、女性でも男性でもいますよね。

最初は冗談で何度も口に出す度、離婚への脅威をあまり感じなくなり、そのうち本当に離婚となってしまう可能性があります。

今の旦那さんと離婚したくないのであれば、冗談でも言わないようにしましょう。

いつも“ありがとう”とお互い言い合う

やってくれて当たり前、ということはこの世にありません。

“妻だから家事をして当たり前”、“夫だから仕事をしてきて当たり前”。そう思ったら危険信号です。

そんな風に感じた時こそ、相手に「ありがとう」と一言伝えましょう。

心で思っていても、言葉にしなければ相手には伝わりません。

いつも言わないから恥ずかしい、と感じても、言葉に出していると慣れるものです。

いつも通りお茶を出してくれたのを「ありがとう。」と一言言うだけで、相手の満足度は全く違います。

お互い感謝の気持ちで過ごすようにしましょう。

スポンサードリンク


縁があって知り合い、結婚をした二人です。

毎日ささいなことに気を付けて生活するだけで、お互いが気持ちよく、そして仲良く何十年も一緒に過ごすことができるのです。

夫婦円満でいるためにも、ちょっとずつでもいいので続けてみるようにしましょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です