不倫がバレてから離婚までの期間は人それぞれ

離婚までの期間

スポンサードリンク

離婚までの期間が長引いてしまう原因と対策

不倫がバレてから離婚までの期間は人それぞれだとは思いますが、離婚したくても様々な理由でこじれてしまうこともあります。

それはどんな理由で、どう対処していけば良いでしょう。

いざという時にこんなはずじゃなかったとならないようご紹介します。

相手が離婚に応じない

不倫をされた側が『離婚をしたい』と言っても、『もう二度としないから…』と泣きつき離婚に応じてくれないこともあります。

不倫をしたからと言っても、離婚は二人の同意があって成立するものなので、『信用できない』『気持ちが冷めてしまった』など根気強く説得してみましょう。

それでも応じない場合は離婚調停をたてます。

ただし弁護士に依頼するなら70~100万円くらいはかかるようです。

慰謝料・養育費が決まらない

離婚で最も揉めるのはお金のことではないでしょうか。

特に離婚となると高額な慰謝料や、子供がいれば養育費は毎月のことになります。

とはいえ、支払う側もこの先も今と同じ収入が確保できるか不安なこの世の中では、金額を決めるのも慎重になってしまいます。

そのためいくらにするのか、なかなか折り合いがつかない事もあるでしょう。

なるべく高額支払ってもらいたいと思う気持ちは分かりますが、ズルズルと離婚できない状態も精神的に良くないので、ある程度は譲歩しましょう。

親権について

お金の問題と同じく、親権についても揉めるかもしれません。

子供が幼ければ幼い分、親権は母親になります。

ちなみに母親が不倫をして離婚になったとしてもここは変わりません。

父親は不倫をすると、多くの確率で代償として子供と暮らす権利を失うのです。

子供の預け場所がない

シングルマザーとなれば、生活費を自力で稼がなければいけなくなります。

幼い子供を預ける場所や、頼れる身内がいなければ働きに出ることさえ出来ない人もいることでしょう。

そんな時は最後の手段として生活保護を受けることも可能ですよ。

生活費用が不安で出来ない

今まで旦那さんの稼ぎで全てまかなってきた専業主婦歴が長い人にとっては、シングルマザーになることへの不安はもちろんありますよね。

生活費が稼げるのか、子供にひもじい思いをさせたりしないかとなかなか前に進めないかもしれません。

シングルマザーには特別な手当てや補助もありますし、仕事も選り好みしなければきっと見つかります。

生活の不安から離婚を我慢して、不仲な夫婦を見ながら育つ子供は、知らず知らずのうちに心にストレスを抱えてしまいますよ。

スポンサードリンク


このように様々な理由で離婚が出来ない、先伸ばしになってしまうこともあるでしょう。

その間に考えが変わることもあるでしょうが、このままは無理だと思うのなら専門の人に相談したり、譲歩したりと何かアクションを起こしてみてくださいね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です