W不倫の慰謝料事情

W不倫 慰謝料

スポンサードリンク

W不倫の慰謝料ってどうなる?

W不倫の慰謝料は誰が誰に請求し、どの程度金額が相場なのでしょうか?

また、どう解決していくのが損をせず賢い解決法なのかについてお伝えしていきます。

請求できる人

まず、不倫をしたのがあなたの旦那さんなら、請求できる人はあなたと旦那さんの不倫相手の女性の旦那さんということになります。

請求できる対象者

離婚をするかしないかで請求できる相手が変わります。

離婚をするのであれば旦那さんにも請求できますし、不倫相手にも請求が出来ます。

離婚をしないとなったら、不倫相手には請求できるものの、旦那さんには財産は共通のものとされ請求が出来ません。

いくら離婚しないからといっても、精神的苦痛を味わったことには変わりがないのですから、気持ちとしては旦那さんからも欲しいところでしょう。

そうとなれば、ここは旦那さんが二度と不倫をしたくなくなるくらい高価なプレゼントをおねだりしておきましょう。

あなたが欲しいかどうかは関係ありません。

要は旦那さんに、こんな目に遭うくらいなら、二度と不倫なんてしたくない!!と思わせられればいいのです。

その代わり、一度離婚をしないと決めて、旦那さんに不倫の対価を支払ってもらったら、それ以上ずるずると引きずって、陰湿なことをするのはやめましょうね!

かえって逆効果になり、旦那さんの方から愛想をつかされ、離婚を切り出されてしまうかもしれませんよ!

慰謝料の相場

では実際の慰謝料はいくらくらい請求できるのでしょう。

結婚年数や不倫発覚前の夫婦仲などが考慮され変動はありますが、離婚をしないのであれば数十万円からどんなに多くても100万円ほどが相場です。

離婚するとなれば100万円から300万円ほどです。

つまり離婚するとなれば旦那さんと不倫相手からそれぞれ慰謝料がもらえるので高額になり、離婚しないのであれば微々たる金額しかもらえず、相手の家庭の成り行きによっては高額を支払う恐れがあるのがW不倫の怖いところです。

立場が同じなら無意味

離婚するのかしないのかは、それぞれ夫婦で話し合うところです。

仮に両夫婦とも離婚をしないとか、離婚をするとなれば同じような金額が行き来するだけで、慰謝料はあまり意味を持ちません。

結婚年数や子供の有無など状況も似ていれば、なおさら金額に大差はないでしょう。

弁護士や裁判は赤字

これらの基礎知識があれば良いのですが、不慣れな慰謝料請求となるとパニックになってしまって弁護士に相談にいってしまうかもしれません。

弁護士といっても様々な事務所があって、最初の無料相談で『きっと大差がないので示談にした方が良いと思います』とアドバイスをくれれば良いのですが・・・。

『裁判を起こしましょう』とけしかけられて費用と時間ばかりどんどん費やされてしまっては困ってしまいますよね。

不倫をされた上に赤字になることほど辛いものはないでしょう。

お金より謝罪

つまりW不倫では、時と場合によっては損をすることもあるでしょうし、あまりお金で解決も期待できない状況です。

ですからお金というよりは誠心誠意きちんと謝罪をしてもらい、2度と連絡はとらない・もしもまた不倫をした場合は…という誓約書を書かせたり、二度としたくないと思わせることをした方が効果的と言えるでしょう。

スポンサードリンク


W不倫の慰謝料について、だいたいのことが分かってもらえたのではないでしょうか。

もちろん不倫はされたくないにしろ、W不倫はやめて…と思うのはこんな理由もあるのでしょうね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です