離婚できない理由とそれに伴う影響

離婚できない理由

スポンサードリンク

離婚できない理由で起こる様々な問題はなんでしょう?

不倫をしてしまうくらい夫婦の関係が冷め切ってしまっているのに、離婚できない理由があるからいつまでも夫婦を続けなければならない。

なんとももどかしいものですよね。

離婚を妨げている理由と、そのまま離婚をしないとどんな影響があるのかお伝えします。

経済的に不安

いざ離婚を考えた時に、一番最初に頭に浮かぶのは経済的なことです。

今までが専業主婦であったり、働くことからしばらく離れていたりするとなおさら不安は募るものです。

子供が小さく預け先が見つかりそうもないとか、実の親に頼れないなどの状況だと、ますます尻込みしてしまいます。

また子供が高校生くらいで、ここからますますお金がかかると思うと、どうしても旦那さんの収入に依存する部分が多くなり、成人するまで離婚を我慢する傾向にあります。

このように経済的に自立することをどんどん後回しにしていくことで、ますます『働くこと』から遠ざかってしまいます。

さらにはノンキャリアで年齢が上がるという悪条件が重なり、雇ってくれるところも狭まっていくというデメリットが生まれてしまいます。

精神的に依存している

不倫をしているとはいっても、離婚のデメリットを背負うほど旦那さんのことが嫌いになりきれず、離婚に踏み切れないこともあるでしょう。

そんな旦那さんから離れられない人は不倫を繰り返したりしていませんか?

『この人で最後。この人と別れたらもう不倫はしないから…』と心の中で決心しては裏切り、また反省して・・・と繰り返してしまうのです。

これはもう病気です。

そして旦那さんは自分から離れていかないと自信があるのでしょう。

これも依存の一種です。

いつかは踏ん切りをつけないと、いつか旦那さんの心が崩壊して、旦那さんの方から離婚を言い出されてしまうかもしれませんよ。

子供がパパ大好き

あなたにとって旦那さんは離婚をしてしまえば他人かもしれませんが、子供にとって父親であることは変わりようのない現実です。

あなたは離婚しても良いと思っていても子供がパパになついていると悩んでしまいます。

離婚したと理解できる年齢ならまだしも、毎日のように『パパに会いたい』とか『次はいつ会えるの?』と言われてしまったらノイローゼになってしまいそうです。

こんなになついているのに、引き離してしまって片親になることは不幸にさせるのでは?とも思ってしまうかもしれません。

子供のことを考えて仮面夫婦を続ける人達もいますが、子供は大人が思う以上に敏感です。

いくら子供の前で仲が良いように振る舞っても、ふとした瞬間に強ばる表情などを見逃しません。

仮面夫婦はまだましなパターンで、家庭内別居のようにあからさまに不仲な状況は子供にとってストレスでしかなく、将来人の顔色を伺う癖がついてしまいますよ。

スポンサードリンク


様々な理由で離婚が出来ないこともありますが、それを理由に先延ばしにすることでこのようなことが起こってしまいます。

離婚しないと決めるなら、それらの問題が起こらないような対処をすることが大切です。

『もしまた不倫をしたら…』というような誓約書を作るのも1つの手段ですね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です