離婚後妊娠が発覚したら、元旦那とコンタクトをとるべき!その理由とは

不倫 妻 妊娠

スポンサードリンク

離婚後妊娠が発覚したら

離婚後に妊娠が発覚したら、パニックになってしまうかもしれません。

しかしそんな時こそ気持ちをしっかり持って、凛とした姿勢で元旦那に接しましょう。

離婚理由が元旦那の不倫

離婚理由が元旦那の不倫である場合、強気に養育費や親権について話し合いに臨みましょう。

不倫さえされなければ離婚もしてないし、お腹の子供が片親になることもなかったはずです。

そんな状況を作ってしまったのはあちらなのですから…。

300日という期間

離婚して300日以内であれば、自動的に父親は元旦那ということになります。

これはもちろんあなたにやましいことがなければの話です。

現在妊娠何ヵ月なのか、早めに産婦人科に行って確認をしましょう。

元旦那が認めない場合DNA鑑定

元旦那に『おまえも浮気してたんじゃないのか?』とお腹の子供の父親と認めない場合もあるでしょう。

そんな時はDNA鑑定です。

出産後はもちろん、出産前からDNA鑑定は可能です。

以前は羊水を採取して鑑定するのが主流でしたが、流産などの不安もありました。

最近は母親の血液と元旦那の歯ブラシ・タバコの吸殻・口内を擦った綿棒・血液などがあればDNA検査が出来ます。

親権は基本的に母親

出産を決意したのなら、親権は基本的に母親になります。

ただし病気で働けなかったり、経済的に育てていくのが困難な状況と判断された場合は親権が父親になることがあります。

養育費はしっかりもらうこと

このように元旦那の子供で間違いがないとハッキリさせた上で、養育費は払ってもらいましょう。

離婚したからと言え、元旦那にも養育する義務があるのです。

面会はあなたの感情に関わらず…

養育費をもらったら、面会させないといけないんでしょ?と思うかもしれません。

実は養育費をもらっていようがいまいが面会はさせるのが理想的です。

子供が成長する中で父親の存在も必要という考えが元のようです。

中絶の選択肢

たとえ不倫をした元旦那の子供だとしても、授かった命ですから軽々しく中絶は選べないかもしれません。

しかし出産をしたらゴールではなく、そこから何年も育てていくわけです。

ふと子供の顔を見て不倫をされた悲しい過去を思い出すこともあるでしょう。

理想だけではなく、後々のことも考えて中絶をする選択肢も間違いではないのかもしれません。

スポンサードリンク


妊娠が判明しパニックになるかもしれませんが、日に日にお腹の中で赤ちゃんは成長していきます。

中絶は可能な期間が限られていますし、出来るだけ早く覚悟を決めて元旦那に連絡を取るようにしましょう。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です