離婚するメリットとデメリットの比較

離婚 メリット デメリット

スポンサードリンク

離婚するメリットとデメリット、どちらが大きい?

パートナーに不倫された!離婚する!と一時の感情で決めてしまう前に、離婚することのメリットとデメリットの比較をしてみませんか?

大きな3つの視点から比較してお伝えします。

金銭面なデメリット

いくら綺麗事を言ったとしても、生活するにはお金が必要です。

不倫をされて離婚するとなれば、金額は前後するものの100万~300万ほどの慰謝料を受けとることが可能です。

当面の生活は心配要らないかな?と思われるかもしれませんが、一括で払ってもらえるとは限りません。

子供を引き取り育てていくには養育費も支払ってもらうわけですが、公正証書などを交わさないと支払いが滞る人がかなり出てきます。

離婚当初は、元の旦那さんも申し訳ないと感じて慰謝料や養育費を払ってくれますが、いずれは新しい生活が始まったりします。

その新しい生活のためにお金が必要だとなったら・・・。

人の気持ちは案外薄情なものですからね。

シングルマザーで人並みの生活をし習い事などもさせてあげたいと思うと、仕事を二つ掛け持ったり昼夜関係なく働かなければならないことも。

金銭面だけみるとデメリットの方が目立ってしまいますね。

精神面なメリット

お金のことを考えると離婚を即決するのは難しいかもしれませんが、不倫をされて夫婦間に溝ができたまま結婚生活を続けるのは精神的にどうなのでしょう。

同じ家に暮らしていれば、嫌でも顔を会わせてしまいますし、必要最低限の会話はしないといけないですよね。

それなら離婚はせずに別居をすれば良いのでは?と思っても、家賃が2倍かかる為現実的ではありません。

相手が仕事から帰ってくる時間が近づくにつれ憂鬱になったり、神経をすり減らして好きでもないむしろ嫌いな人と暮らし続けるのは苦痛しかないでしょう。

子供に与える影響

子供がいる場合は影響も考える必要があります。

片親になることで不憫な思いをさせてしまうのでは…仮面夫婦としてでも両親揃って一緒に暮らすべきだと離婚をしないことを選ぶ人もいるでしょう。

ただ子供は敏感に空気を読んだり、顔色を伺ったりします。

不仲な二人を見ているのは子供とはいえ多大なストレスを感じるものですし、そんな家庭で育つことで恋愛観や結婚観を歪ませてしまうこともあります。

それに子供は大人が思うよりも順応性が高く、強いものだったりします。

子供のことを考えて離婚を躊躇するのは良し悪し…といったところでしょうか。

スポンサードリンク


さて3つの視点から見て、メリットとデメリットどちらが大きいと思いましたか?

もちろん離婚を躊躇し、一緒に暮らしていく中で『離婚をしなくて良かった』と思う日が来るかもしれません。

ただ一度きりの人生でもあるので、やっぱり無理だと感じたらメリット・デメリット抜きにして選択するのも大切ですね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です