主婦の火遊びが遊びで終わらない?

主婦の火遊び

主婦の火遊びが遊びで終わらない?

スポンサードリンク

主婦の火遊びが遊びで終わらない条件とは?

主婦の火遊びと言っても本当の火遊びではありません。

危ない遊びという意味、つまり不倫です。

遊びが遊びで終わらず離婚に至ってしまうのはどんな状況の時なんでしょうか。

夫が生理的に無理

不倫を始めた原因が夫に相手にされない寂しさを埋めるためということであれば、最初は家庭を壊す気なんてなく、単なる遊びだったはず。

しかし徐々に不倫相手にのめり込み、夫に対する愛情が冷めてしまえば離婚と言う言葉がちらほら頭をよぎるようになってきます。

不倫相手に身も心も愛されてると夫のことを生理的に受け付けなくなることがあります。

触れられることも、話しかけられることも、同じ空気を吸うことさえも嫌になる日がきたら不倫も遊びでは済まなくなります。

家庭に未練がない

夫が生理的に無理になることも含め、家庭に未練がない状況であれば離婚を踏み留まる理由が無くなります。

義両親との同居にうんざりしていたり、子供がいなければ結婚生活に魅力を感じなくなるのも無理はありません。

子供が夫になついていない

離婚を踏み止まる理由として、ネックになるのは子供のこと。

例えば子供がパパっ子でなついていたり、実の親が一緒にいた方が将来的にも良いと考えればなかなか離婚もできません。

逆に出張などが多く、あまり子供と遊ばないような父親なら子供もなついていないことも。

こんな状況なら実の親にこだわる事に意味があるのか悩んでしまいますよね。

離婚に対してハードルが低い

自分の親が離婚をしていたり、身近な友人が離婚経験者であれば価値観にも影響されます。

一生同じパートナーといることに疑問を感じることもあるでしょうし、一度選んだ夫であっても、より魅力を感じる人が現れれば離婚も辞さないという考え方がベースにあるのかもしれません。

離婚経験者がその後幸せそうであれば、なおさら早く離婚を決断するかもしれませんね。

慰謝料を払ってでも好条件

不倫がバレての離婚であれば、多額の慰謝料が発生します。

一時的に『痛いな』と感じることはあるでしょうが、不倫相手の方が経済的にも自分の精神的にも一緒にいた方が良いと総合的に判断されれば離婚もあり得る話です。

女性は男性に比べるとずる賢く、無意識に損得感情で計算してしまう生き物なので、これは仕方ない結果なのかも…。

スポンサードリンク


あくまで遊びと割りきって始めた不倫でも、こんな状況になってしまえば気持ちは揺れ動きます。

ただし最後の一押しをするのは、人それぞれが持つ性格なのかもしれません。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です