離婚慰謝料を不倫相手に請求したい!

スポンサードリンク

離婚慰謝料の請求は不倫相手にも出来る?

旦那さんの不倫が発覚して離婚なんてことになった時、離婚慰謝料を不倫相手にも請求してどうにか痛い目をあわせたい!そう思う人も多いはず。

そんな不倫相手に慰謝料請求する際の内容や手順についてまとめてみました。

離婚に向けて虎視眈々と準備を進めておきましょうね!

請求は可能?

そもそも不倫相手に慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?

もし可能であれば相場はどのくらい?

そんな疑問から解決していきましょう。

ずばり慰謝料の請求は離婚をする・しないに関わらずできます。

相場としては、不倫が原因で離婚となった場合、総額200万~300万円のうち50~100万円を不倫相手に、100万~200万円程を夫に請求するという比率が多いようです。

ちなみに離婚にならなかった場合でも、不倫相手に50~100万円程の慰謝料請求は可能です。

慰謝料を支払われる条件

慰謝料を請求するにあたって、2つの大前提があります。

1つは不倫相手が『既婚者と不貞行為をしていた』という認識があったかということ。

もしあなたの旦那さんが既婚者であることを隠していたなら、彼女は不倫をしていたつもりはなく、単に恋愛をしていただけという認識になりますので慰謝料は支払う義務が発生しません。

もう1つはあなた方夫婦が夫婦として破綻していないかということ。

長年別居していたり、不仲で離婚話が出ていたのなら慰謝料を請求しても却下される場合があります。

慰謝料の額が上がるポイント

慰謝料には相場はありますが、その金額は様々な要因で上下します。

例えば婚姻期間の長さ。

期間が長ければ長いだけ、それだけ精神的ショックが大きいとみなされます。

そもそも、夫婦仲良く離婚とは縁遠く、不倫さえなければずっと婚姻関係を継続できたたであろう場合も慰謝料を高く請求できます。

不倫の回数や交際期間が長ければ、これも精神的ショックが大きいとして高額を請求できます。

とはいえ、これをなかなか立証するのは難しいですよね。

とにかく法律のプロである弁護士を雇い、損のないような額を請求するようにしましょう。

不倫相手との接触方法

不倫相手にも慰謝料を請求しようと決めたなら、まずは内容証明を送るのがお勧めです。

面と向かって不倫相手と話すのでは気まずいですし、感情的になってしまうかもしれません。

最悪手を出してしまおうものなら、反対に傷害罪で訴えられる可能性も出てきてしまいます。

書面にすることで自分の気持ちも整理できます。

なにより、法的措置も考えているんだとプレッシャーを与えることもできます。

スポンサードリンク


不倫は旦那さんだけではなく、不倫相手にも問題があります。

謝罪してもらった上で、しっかりと慰謝料も請求しておきましょう。

不倫をすればこんなに高額な慰謝料を請求されるのだと思い知らせましょうね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です