不倫に依存する人の3つの特徴

不倫 依存

スポンサードリンク

不倫に依存するのは自分自身の首を絞めること

不倫関係はいつか終わるもの。

不倫に依存してしまうと、終わりの時の辛さも倍増します。

では、どんな人が不倫に依存しやすいのでしょうか。

不倫に依存しやすい人の3つの特徴をお伝えしますね。

好きな人との時間が最優先

好きな人と過ごす時間は甘く楽しいもの。

不倫関係ともなれば、一緒に過ごせる時間はもちろん、電話で話す時間、メールでやり取りをする時間も、限られた短いものです。

今日会えなかったら、次に会えるのはいつになるのかわからない。

好きな人からの着信。今出なかったら、次声を聞けるのはいつになるか。

限られた時間だからこそ、他の時間より優先してしまう気持ちもわかります。

でも、それってちょっと危険!

会える日が近づくとワクワク・ウキウキして明るい気持ちで過ごせるけど、会えない日が続くと「次はいつ会えるのか・・・」とションボリしてしまう。

『好きな人と会う時間』を中心に気分やスケジュールが決まってしまう。

友人と約束していた日に、突然好きな人からのお誘い。

そんな時、彼を最優先してしまって、友人との約束をドタキャン。

そんなことを繰り返してしまうと、友人が離れていってしまって、最後には1人ぼっちになってしまいますよ。

好きな人に尽くすのが喜び

「喜んでくれる顔が見たい。」と、ついついアレコレしてあげたくなっちゃう。

プレゼントや手料理、身の回りのことをやってあげる。

好きな人が「ありがとう。」といって笑顔を見せてくれれば、それで幸せ~っていう人も少なくないはず。

でも、これもちょっと危険!

人は欲が深い生き物。

始めのうちは好きな人の笑顔のために、喜んでしていたことなのに、見返りを期待してしまうようになるんです。

こんなに尽くしているのに。とか、ここまでしてあげたのに。とか、そんな風に不満が出てくるもの。

恩着せがましい態度に、相手もだんだんウンザリしちゃうことに。

スポンサードリンク

好きな人の好みに自分を改造

「芸能人の○○が好きなんだよね。」

なんて聞けば、さっそくヘアスタイルやメイクを真似してみる。

「ミニスカートってそそられちゃうよね。」

なんて言われれば、すぐに買いに行っちゃう。

「痩せてる人が好みなんだよね。」

なんて言葉で、あわててダイエット開始。

もっと好きになってほしい。

その一心から、今までの自分がどこかにいってしまって、すっかり相手の好み通りに改造。

そんな風に相手に合わせているうちに、本来の自分の外見も内面も見失ってしまいます。


3つともに共通して言えるのは【自分】をしっかり持っていないということ。

「あてはまってるかも…。」と思う人は、ちょっとだけ冷静になってみてくださいね。

いつか終わりがきてしまった時に、相手がいないだけではなく、【自分】がどこにもいないなんてことにならないように。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です