不倫の優しい終わり方

不倫 別れ方

スポンサードリンク

不倫でも優しい終わり方なんてできるの?

不倫の終わり方といえば…

彼の奥さんにばれて修羅場

彼の奥さんが妊娠して冷めた

未来のない恋に疲れてしまった

想像できるものの多くは『良い結末』とは言いにくいもの。

せっかくの恋、綺麗な思い出にできたらいいと思いませんか?

そのためにも、お互いを傷つけ合わないこんな優しい終わり方はいかがですか?

純粋に『好き』なうちに別れる

不倫の恋は、普通の恋と違って未来がありません。

普通の恋は、恋をして結婚して…という段階があるけれど、不倫の恋はどこまでいっても『不倫の恋』。

ただ、どちらの場合も、最初の頃は純粋に『好き』という気持ちがあるのは共通してますよね。

時間が過ぎていくにつれて違っていくのは『執着心』ではないでしょうか。

未来のない相手に費やした時間や労力。

それらは終わりを迎えると全てが無駄になってしまう。

ここまで待ったのに。

こんなに尽くしたのに。

そんな思いが彼への『執着心』を強くしていきます。

相手に対する執着心は、嫉妬心や猜疑心に変わり、徐々に彼の負担になっていきます。

あなたの心が執着心に支配されてしまい、彼の口から先に

一緒にいるのが辛くなった

と言われてしまう前に、好きな相手との別れは悲しいけれど勇気を出して終わりにしませんか?

自分が悪者になって嫌われるような嘘をつく

たとえば、彼が既婚であなたが独身だったとします。

一緒にいると

「奥さんより自分を好きでいてほしい。」

少なからず、そんな風に欲張ってしまうものでしょう。

でも、本当に奥さんより自分を好きになってくれたとして…

そのあとは?

離婚させて彼の家族を巻き込んでの修羅場?

彼が愛のない結婚生活を送り続ける?

それは『大好きな』彼にとって幸せですか?

いつか終わりがきてしまうのなら、自分が悪者になって嫌われることで、彼がすんなりと家庭に戻れるようにしてあげる。

それも、ある種の優しさではないでしょうか。

スポンサードリンク

ちょっとずつ、ちょっとずつ…自然消滅する

不倫の恋は中毒性が高いもの。

無くても生きていけたはずなのに、一度その味を覚えてしまうと、抜け出すことは難しい。

でも、その一方で、抜け出してしまえば意外とアッサリ忘れてしまえたりもします。

相手からの誘いに毎回応じていたものを…

3回に1回は断る。

2回に1回は断る。

何か理由を見つけて、会う回数を減らしていきます。

そして連絡を取り合う回数も・・・。

減らし始めてすぐは「寂しいな。」とか「会いたいな。」と頻繁に感じるけど・・・。

時間が経つにつれて、無いなら無いなりに過ごせるようになるものです。

そんな風に自然と離れていくと、お互いに憎み合うなんてことなく終わりを迎えられます。


どの終わり方でも、最初は辛くて苦しい時間があるでしょう。

それでも、修羅場になってしまったり、憎み合うような終わり方よりはマシなはず。

せっかくの恋。

2人の楽しかった思い出を綺麗なままに、優しい終わり方をしてみませんか?


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です