不倫相手と結婚したいなら覚えておきたい3つのポイント

不倫と結婚したい

スポンサードリンク

不倫相手と結婚したいですか?

不倫相手と結婚したいと望んでいる人もいるでしょう。

大好きな相手と、堂々と一緒にいられるし、いわゆる日陰の身だったところからの立場逆転。

でも、結婚を望む前に覚えておいてほしいポイントがあります。

そのポイントをチェックしてみてください。

『結婚相手』として見ているか

不倫の恋には、独特のスパイスがたくさん散りばめられています。

なかなか会えない苦しさ。

会える時の嬉しさ。

独占できない辛さ。

一緒にいる時間の幸福感。

マイナス面が大きいからこそ、プラスの時の感情も大きくなるもの。

でも、結婚生活は違います。

日常生活の中、穏やかにゆるやかに時間は流れていくのです。

不倫の関係だからこそ好きなのかもしれない。

そんなことを考えたことはありませんか?

不倫というスパイス抜きでも、一緒に居続けられる相手なのか?

未来を望むなら、なおさらしっかりと見極める必要がありますね。

価値観が合っているか

不倫相手と結婚したいと考えるならば、価値観の相違があっては続かないことも理解しましょう。

生活水準やお金に対する考え。

結婚となれば、いつか2人の間には子供が生まれる可能性もある。

育児に対するスタンスは?

家事や趣味についてはどう?

恋は盲目とはよくいうけれど、不倫カップルは普通のカップルよりさらに盲目になるもの。

限られた時間でしかお互いを知り合えない。

そのうえ、見せたい姿だけを見せ、相手の見たい姿だけを見ることができる。

だから余計に夢中になってしまう・・・。

結婚相手として相手を意識し始めたら、ふたりの意外な価値観の相違点を見つけるかもしれません。

不倫相手と結婚したい。

そう思うならば、相手と自分の価値観の差は許せる範囲のものかどうか。

深く知り合ってからにしましょう。

スポンサードリンク

苦労を背負い込む覚悟があるか

不倫相手と結婚したい。

それは相手または自分(時には両方)の離婚が前提での希望です。

相手や自分の家族を傷つけてまで手に入れる結婚となれば、普通の結婚ではありえないような苦労が待っています。

離婚が成立するまでにかかる費用や労力。

離婚が成立してからも慰謝料や養育費に新生活にかかる費用。

略奪愛に対する周りの人の目。

不倫していた時とは違って、ドラマチックな時間が続くわけではありませんよ。

体力的にも経済的にも苦しい日々の中…

覚悟を決めて結婚したはずが、「こんなはずじゃなかった。」と後悔する日がくるかもしれません。

次から次に出てくる問題に耐えてまで結婚したいと思えますか。


好きな相手と結婚したい。

それは人として自然な感情です。

しかし好きな相手と結婚して幸せになれる相手は異なることが多いものです。

不倫相手となればなおさらです。

結婚に辿り着くまでの、たくさんの問題や、結婚後の生活をよく考えてくださいね。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です