不倫中の休日は寂しい?女性側の3つの本音

不倫 休日

スポンサードリンク

不倫中の休日どう過ごしたい?

不倫カップルは休日になると会えなくて寂しい思いをするとよく言われてますが・・・

実際はどうなのでしょうか?

W不倫・既婚男性と独身女性・既婚女性と独身男性の3パターン。

それぞれの女性側の本音をチェックしてみましょう。

W不倫カップルの場合

W不倫カップルにはどちらにも家族がいます。

休日となればお互いに過ごすべき場所は家庭ということになります。

一見するとお互い様じゃないの?と思えますが…

ここは男女の差がでるところです。

男性にとっては、家庭は家庭。不倫は不倫。

なので、不倫相手の女性に会えない辛さはあまり感じないよう。

奥さんと楽しく過ごすことができる人が多いでしょう。

でも!女性はそうもいかないんです!

女性は嫉妬心が強く感情的になりがちです。

好きな人と過ごせなくて悲しい、自分は好きでもない夫と一緒にいなくちゃいけない…。

なんて悲劇のヒロインモードに入っちゃうこともありますよね。

既婚男性と独身女性の場合

この場合の女性もやはり辛い思いをすることが多いようです。

まれに、休日でも関係なくデートできちゃう不倫カップルもいますが、大体の場合は、平日はともかく「休日は家族との時間」という感じです。

彼を思って1人で過ごす休日。

寂しいし「今頃は奥さんや子供と一緒か…。」と落ち込んでしまう。

日曜日なんてなければいいのに!と、古い歌の歌詞にもありそうな恨み言が口からでてきちゃうこともありますね。

スポンサードリンク

既婚女性と独身男性の場合

「大好きな彼に会えない。」という事実は変わらないにしても、前出の2パターンに比べれば落ち込みは少なくてすむと思います。

「逆の立場だったら辛いな…。」と考えて、自分の家族に対してではなく、休日を1人で過ごす彼に対する罪悪感が芽生えてしまうのも女性ならではです。

もしくは、彼が1人でいるかどうか…他の女の子と会ってたりしないか…。という不安がムクムクと顔を出しちゃったりすることも。

自分は結婚しているけど、彼の心が他にいってしまうのはイヤ!というワガママな考えを持ってしまうのが女性というものでしょう。


男性に比べると女性は「悲劇の主人公」という状況にある自分に酔っている場合が多いようです。

どのパターンにしても不倫というのは人の道に外れた恋であり、本当の「悲劇の主人公」は別にいます。

不倫関係にある男女は、お互いの自由にならない休日の中「悲しい」と自分に酔えますが…

本当にかわいそうなのは、結婚相手の方ということをお忘れなく…。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です