不倫経験者にとっての『不倫』とはどういうもの?

不倫経験者

スポンサードリンク

不倫経験者にとって不倫ってどういうもの?

不倫経験者に、あなたにとって不倫とはなんですか?と問いかけた時、なんて答えると思いますか。

不倫というと、モラルに反した行為であり、許されるものではないというのが一般的なイメージですよね。

それを実際に経験した女性にとって、不倫とはどんな位置づけなのでしょう。

普通の恋愛と同じ!

よく言われている言葉だけど「たまたま好きになった人が結婚してただけだから…。」のパターン。

出会って、惹かれていく段階では既婚と知らなかったのに、好きになってしまってから既婚だったことを知る。

そういう場合は、たしかに普通の恋愛と大して変わらないような気もします。

純粋に「好き」と思う気持ちは、相手自身に惹かれたからであって…

結婚しているから。という理由は、あくまで【彼の状況】にすぎないわけです。

もちろん、ここで理性が勝って「もう結婚している人だから諦めよう。」という人もいます。

でも、好きな人への思いが溢れてしまったら、我慢できないのが人間の本能ではないでしょうか。

形こそ【不倫】といわれる関係だけど、彼と2人の時間は普通の恋愛と同じだというわけです。

娯楽として楽しむもの!

不倫の関係にはタブーがたくさんあります。

人目を気にしなくてはいけない。

連絡する時間帯を考えなくてはいけない。

証拠を残すようなことをしてはいけない。

親しい友人にも真実を話せない。

妊娠なんて絶対に避けなくてはいけない。

数ある制約やルールの中での恋愛は、ゲームしているような気持ちにさせます。

いかにバレないように、人の目をすり抜けていくか。

メールや電話のタイミングを上手く計れるか。

そんなふうにして進める恋愛はドキドキしたりハラハラしたりと感情の波も大きくなりますよね。

このドキドキやハラハラを味わうため娯楽が【不倫】です。

不倫経験者が、1人の人と別れても、また不倫してしまうってこともよくあることですから。

スポンサードリンク

後悔だけが残るもの!

不倫経験者にとって、不倫の終わり方は重要です。

気持ちが冷めたり、遠距離になってしまったりなど、2人の間だけで終わりにできた関係なら良いですが…。

彼の奥さんのバレた。

自分の夫にバレた。

妊娠してしまい心も体も傷ついた。

こんなふうに、後に問題を引きずる終わり方をしてしまった場合、不倫は恋愛でも娯楽でもなく、ただただ後悔するだけのものになってしまいます。


不倫経験者って意外と多いです。

大っぴらに人に話せる関係じゃないし、決して人から褒められる事ではないのに…

もし、あなたが不倫の入口にいる、もしくは不倫真っ最中ならば、慎重に考えてくださいね。

恋愛感情だったり、単純に娯楽と割り切ってたり、その位置づけは人それぞれですが、後になって傷しか残らなかったなんてことにならないようにしたいものです。


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です