不倫中、彼に「別れ時かも…」と感じさせないために

不倫 別れ時2

スポンサードリンク

彼に「別れ時」を感じさせたくない!

不倫関係にある彼を失わないためには「別れ時」かもと相手に感じさせてしまうような言動はNGですよね。

彼の離婚を期待して、すでに長い期間を彼に捧げている場合は特にです。

どういった言動に男性は「別れ時かも…」と感じるのでしょうか。

他の男性の影をちらつかせすぎる

女性の心理というのは複雑なものです。

彼を好きだからやっていることが、結果的に裏目に出てしまうなんていうことは良くあることですよね。

そのうちの1つが「他の男性の存在をちらつかせること」。

駆け引きのテクニックとして使って、彼が嫉妬する様子を見て「彼に好かれている」って安心する。

そんなコトをついしちゃう人は要注意!

たしかに男性にはハンターとしての本能があって、自分のところにどっぷりハマっている女性より、他の男のモノだったりする女性を狙いたくなるものです。

しかし、男性は長い期間追い続けるような持久戦には向いてないということを覚えておいてください。

あまりにも頻繁に他の男の影をちらつかせていると…

「もう俺に対して冷めてきたのかも。どうせ不倫関係だから未来もないしな…。」

と、諦めモードに入ってしまう可能性が高いですよ。

家庭のことをアレコレ詮索してくる

不倫中の男性というのは、不倫相手の女性には家庭では得られない刺激を求めているもの。

生活感とか、責任といったものから離れて、1人の男としていられるのが不倫関係。

それなのに、不倫相手の女性から「奥さんってどんな人?」とか「子供とはどんなことして遊ぶの?」とか…

家庭のことを聞かれては興醒め。

お正月やゴールデンウィーク、夏休みにシルバーウィークといった長期休暇の前後に

「家族でどこか行くの?」

「奥さんとはどんな風に過ごしたの?」

など聞かれたらきっと心の中で大きなタメ息をついていますよ。

奥さんのことが気になってしまうのは仕方がないことですが、それをアレコレと探るようでは男性もゲンナリしちゃいます。

聞きたい気持ちを優先して彼に「別れ時」と思われるくらいなら、そこはじっと我慢。

日常の家庭生活では味わえないような甘い時間を彼と過ごすことに目を向ければ、彼もあなたを手放したくない!て思ってくれますよ。

スポンサードリンク

恋愛以外のことに興味がない

彼のために時間を空け、彼が好きだという料理を覚え、彼好みの外見になる。

不倫に限らず恋する女性は、気を付けないと好きな彼のことを思うあまり、ちょっと重たくなってしまもの。

不倫関係となると、会う時間も短いし、せっかく彼と会えるなら…!と、彼との時間を中心にスケジュールを組んでしましまいがちですよね。

それは無理もないことです。

でも、男性からしてみれば、自分の都合のいい時に、いつでも予定を空けてくれるような女性ってどうなのでしょう?

最初は健気で可愛いと思うかもしれませんが、段々と妻や母親のような存在になってしまいます。

たまに断られたりと気まぐれな方が、恋の情熱は消えず、いい恋愛の緊張感が継続するものですよ。

趣味や仕事、友人関係といった彼以外のためにも時間を使うことで、彼のトキメキをキープできますよ。

これで「別れ時」は遠い話になるはずです。


いかがでしょうか?

男性は昔から言われているだけあって、いくつになっても単純でワガママで子供っぽいものです。

いかに飽きさせないか、面倒くさがられないか。

そこを踏まえて、甘い関係を続けていきましょう!


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です