たった一度だけ、朝まで一緒に

スポンサードリンク

不倫体験談

たった一度だけ、朝まで一緒に  ポコさん

終電が終わっても、必ずタクシーで帰った。

絶対に、家を教えてもらえなかった。

彼は、「旦那さんに暴力を振るわれて、精神的に不安定になった彼のお姉さん」という名称の奥様がいたから。

私は気付かないふりをしていた。

彼の嘘が真剣すぎたから。

一緒にいる、その時間だけを大切にしようと思った。

それすら失いたくなかったから。

飲みに行ったり、花火大会に行ったり、本当に幸せな恋愛、不倫だった。

だけど、彼の同僚に会った時の彼の言葉に、現実を知ったの。

悲しいというより、全てが理解できた気がした。

たった一度だけ、私の一人暮らしのアパートで、朝まで一緒に過ごしたことがある。

それが彼との最後の時間だった。

10年ほど経ち、普及したラインに、彼から連絡が入った。

結婚して子供もいるそう。

私は、「私と一緒にいるときから結婚してたよね?」と冗談ながら問い詰めた。

もう、失っても良い存在だったから。

彼からの返事はなかった。

それが答えだったと思う。

私は、前に進めた気がした。

不倫相手なんか、踏み台にして、自分の人生を輝かせようと思った。

不倫だったけど、本当に幸せな時間だった。

今の私には不可欠だった時間。

後悔も何もない。

想いあった時間は、今の私の中でもかけがえのない大切な時間だったから。


皆さまからの体験談お待ちしています。

体験談の投稿はこちらから

読者様からの体験談TOPへ

体験談TOPへ

☆トップページ☆


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です