バーテンダーとの不倫

スポンサードリンク

不倫体験談

バーテンダーとの不倫  ゆうさん

大学生の時にフーズバーでアルバイトをしており、その関係であちこち飲みに行くことが多く、その飲みに行った先で知り合ったのが彼でした。

彼はバーテンダーをしており、当時まだ田舎から出てきて日が浅かった私にはオシャレな店のバーテンダーと親しくなるというだけで楽しく、自分に酔っていたように思います。

ただの仲の良い店員さんから恋愛関係に発展したのは、花火大会の後、浴衣のまま一人で飲みに行きカウンターで酔いつぶれていた時のことでした。

カウンターの座席の隣には途中でたまたま、私がこの店に飲みにくるきっかけを作った同僚が飲みに来て、カウンターの上に突っ伏した私の横で彼と会話をしていました。

その時彼が、私のことが気に入った。かわいくてしょうがない。紹介してくれてありがとう。などといった言葉を伝えているのを聞き、すっかり舞い上がってしまいました。

私も少なからず彼のことをかっこいいと思っていたのでとても嬉しく思い、そこから仲は急速に進展。彼の方が年上だったこともあり、積極的に迫られ家に呼ぶ仲にまでなりました。

一応同じ仕事関係であり、共通の知人が多く面倒くさいのでプライベートで仲良くなったことは周囲には言わず、また私自身、大学生活が刺激的で楽しく満足していたこともあり、彼氏彼女という関係は求めてはいませんでした。

ちょっとかっこいい頼れるお兄さん+体の関係といった感じでした。

その関係があっという間に終わってしまったのは、共通の知人から彼が既婚者であると聞いた時でした。

私は全く知らなかったのですが、奥さんがいる上に、赤ちゃんが生まれたばかりという最低最悪の状況。

もちろんショックもありましたが、何よりそれを黙っていた彼の最低っぷりに激怒し、急速に冷めていきました。

スポンサードリンク

そこからはもう連絡が来ても完全無視。飲みに行くことももちろん無くなり、彼も察したのか連絡をしてこなくなりました。

その時は正直責めるのも、彼にもうこれ以上関わりたくない程嫌になっていたのでしませんでした。

今思えばビンタの一つでもしておけばよかったなと思いますが、知らなかったとは言え妻子があり不倫であったことに、奥さんに申し訳なく思う気持ちと、事実を抹消したい気持ちが大きかったので、このような終わりとなりました。


皆さまからの体験談お待ちしています。

体験談の投稿はこちらから

読者様からの体験談TOPへ

体験談TOPへ

☆トップページ☆


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です