父親の愛情を求めて

スポンサードリンク

不倫体験談

父親の愛情を求めて  ピコさん

学生の頃、親元を離れて寂しかったんだと思う。

仲の悪い両親だった。

母親から父親の悪口を聞くことが辛かった。

自分の半分を否定されている気がした。

幼い頃のたった一つの父親との思い出をいつも大切にしていた。

それだけを頼りに、私は父親を思っていた。

私は父親が大好きだったから。

今思うと、目に見える愛情が欲しかったんだと思う。

大学卒業まで裕福に十分なお金をくれた本当の愛ではなくて、目に見える感じることができる愛情を、その瞬間だけでもほしかった。

相手にいつも子供を愛しているか聞いた。

その人が私を抱きしめていようと、家族を大切に思う気持ちを聞いて、私はいつも自分の父親に重ねていた。

側にいなくても父親は私を愛してくれているんだと、そう信じたかった。

だけど、愛のない関係は、一緒にいない時間を辛くさせた。

愛情が欲しくて、触れたくて、男性にどっぷりはまってしまった。

スポンサードリンク

複数の相手と関係を持つ人を非難する人はたくさんいるけれど、満たされない心があって、弱い人なんだと思う。

今は、素敵な人と愛で結ばれていますが、不倫した過去を後悔していません。

不倫は良くないことだけど、不倫が必要になるような心に穴が開かないように、生きていきたいです。


皆さまからの体験談お待ちしています。

体験談の投稿はこちらから

読者様からの体験談TOPへ

体験談TOPへ

☆トップページ☆


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です