知らなかった…既婚者だった。

スポンサードリンク

不倫体験談

知らなかった…既婚者だった。 さとみさん

インターネットで趣味のカテゴリから出会いを探しました。

当時わたしは離婚したばかりで事実上の独身。

そろそろ新しい出会いをと思っても職場は女性ばかり。

年齢も気づけば30代後半に突入しようとしていました。

そんな中でなんとお医者さんの方とメールで知り合うことができ、いろいろな健康相談やわからないことなどを毎日のようにメールしあうようになりました。

年齢も一つ年上で、世代の話題も良く合うし、話が合うついでに会いましょう!となりました。

メール交換を始めて三か月が経っていましたので、昼間オープンな場所で会ういうことから安心感も手伝って会うことになったんです。

とてもさわやかな飾らない人で、どちらかというと地味。

とくに恋愛対象という感じではありませんでした。

それが一回目のデート。

しかし二回目のデートではいきなり積極的で、一人暮らしのわたしの部屋に足りないものがあれば一緒に買い物して運んであげるという押しが強くて部屋に入れました。

そこからは身体の関係が始まって、家もわりと近所だということもあり週に二回は訪ねてくるようになりました。

会うのはいつもわたしの部屋だし、だんだんオープンな外出も少なくなったのが不満で「たまにはあなたのお部屋にも行ってみたい」といったところ

「仕事が忙しい」と言って会うペースが落ちていきました。

しかし、わたしが仕事から帰ると部屋の前にプレゼントが置いてあったり、食事の差し入れがあったりと親切にしてくれていました。

ある日わたしは勧誘のしつこさにまけて新聞を朝刊だけとることになり、こどもの日の特集記事の「生まれました」のコーナーの写真を何気なく見ていました(普段は見ないのに不思議でした)

すると…!

彼と同じ苗字、同じ住所で男の子が誕生している!!!!!

ま、まさか???怪しいのは結婚していたから????

メールで問いただしたら…

「既婚者」でした。

結果わたしは不倫をしていたことになりました。とても傷ついて相手を責めました。

しかし相手から返ってきた言葉は…

「君も良い思いたくさんしたでしょ。物も買ってあげたでしょ。」

だけでした。

その後は音信不通になっただけ。

良い勉強になりました。

わたしはその後「出会い」のドラマチックさは排除して婚活を始め、まじめな人に出会い子供にも恵まれ幸せに暮らしています。

でも、この経験も今では笑える思い出になりました。

不倫でダメージを受けたか?といえば「その当時は。」という答えになります。

無駄なことはひとつもなかったです。


皆さまからの体験談お待ちしています。

体験談の投稿はこちらから

読者様からの体験談TOPへ

体験談TOPへ

☆トップページ☆


私が不倫の苦しみから逃れられた理由とは

32050_0602 

恋愛心理テスト

不倫診断

お気に入りの曲

 monologue  

この記事と関連する人気記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です